目的に合う方法で身体の内側から綺麗を目指そう

話題を集める

温熱療法は歴史のある治療法です

温熱療法とは病気の人の体を温めたり冷やしたりすることで得られる温度差の刺激を利用した昔からある治療法の一つです。 温熱療法の歴史は長く、病気の治療の研究対象なったのは18世紀から19世紀といわれており、一般的な生活の中に溶け込んでいる日光浴、温泉浴などを始め、最近では高周波・超音波、光線などを使うものまであります。 そんな温熱療法のなかでも特に注目されているのが、高周波を使用した療法で、癌など治療に対して効果があるとされており、日本では健康保険の対象となっています。 この療法は理論的にはどのような癌にも効果があると考えられていて、多くの病院などで研究が進められています。 しかしまだまだわかっていないことも多々あるのも現実で、治療結果が出ている癌とそうでない癌などがあります。

現状は他の治療法との併用がベストだといえます

温熱療法の装置自体もがん細胞に決定的なダメージを与えることが出来るものは完成しておらず、温熱療法だけで完全に癌細胞を消滅させることはまだ厳しく、放射線や抗癌剤と併用した治療法が現状ではベストのものといえます。 さらなる性能向上のために医師や技術者など医療に携わる関係者だけにとどまらず、電気機器メーカーや工学関係の専門家などもこの装置の開発に協力しています。 この温熱療法は保険適応されているので、採用する医療施設も増えてきています。気になる治療にかかる費用は、治療法により違いがありますが、深部を加温するものでは9万円、浅部を加温するものでは6万円程度になり、それ以外の全身を加温するものなどは自費での治療となるなど、それぞれ違いがあるので、各医療施設に問い合わせをしてください。

Copyright (c) 2015 目的に合う方法で身体の内側から綺麗を目指そう all reserved.