トラブルが起こったら弁護士に相談しよう|探し方を詳しく紹介

コンテンツ一覧

知識と経験が必要な職種

会社

採用されるには

近年、経理業務が人気を集めてきています。経理は会社の経営にも関わる重要な業務であり、また外回りのような営業でもないため、やりがいもあり働きやすい職種として人気なのです。経理業務の主な仕事は、財務諸表の作成、預金の管理、取引先への入金、手形の管理などです。貸借対照表や損益計算書などで毎月の利益率を把握し、会社の業績を分析します。そのため、ある程度の専門知識か、経験を持っている人が優遇される傾向にあります。そのため、経理業務へ就くためにはまずは簿記の資格を取得すると良いでしょう。簿記は、2級を持っていれば、中小企業の経理業務を大体把握出来る、と判断される目安となります。まずは簿記の2級を取得してみましょう。簿記2級は、工業簿記と商業簿記に分かれて試験が行われます。工業簿記は3級までにはなかった資格ですのでつまずく人が多いですが、慣れてしまえば独学でも簡単に理解することが出来ます。晴れて2級の資格を取得出来れば、経理の経験がなくとも採用されやすくなるのでおすすめです。経験者の場合は、今までどのような業務を行ってきたかを正確に伝えましょう。経理とひとくくりにしても、会社によっては人事まで任せていたり、伝票を書いたりといった作業しかしていなかったりする場合もあります。会社のニーズに合った経理業務を出来るかどうかが焦点になってきます。自分の知識やノウハウを生かし、経理業務を通じて会社に貢献しましょう。