トラブルが起こったら弁護士に相談しよう|探し方を詳しく紹介

コンテンツ一覧

コツがあります

男女

証拠集めをしましょう

離婚したときには慰謝料が発生する可能性がありますが、その慰謝料の金額を多く請求する方法があります。そのコツはひとえに証拠集めをしっかりとすることです。たとえば、相手が不倫をしているケースにおいては、自身の配偶者と不倫相手が同じホテルに入ったところを撮った写真を確保しておくことです。これは自分では難しい問題なので、配偶者が怪しいと思ったら探偵を雇うことをおすすめします。探偵であれば尾行してそのような写真を撮ることも難しくありません。あるいは、肉体関係があったことをほのめかすような内容のメールや手紙を取っておくことです。それから、離婚する前に配偶者もしくは不倫相手本人が不倫していたことを認めた文書などを用意することも重要です。現在の法律では肉体関係がない限り不貞行為をみなしたとはみなされないことになっています。離婚する前にできるだけ多くの証拠集めをしましょう。そうすれば請求できる慰謝料の金額は多くなります。配偶者に身体的もしくは精神的な暴力を受けた場合には、その診断書やその外傷の写真を用意することをおすすめします。日記などに暴力を受けたときの状況を克明に書いたり、ひどい言葉を聞いたときにその内容を記すといいでしょう。これらの証拠をしっかりと集めておくと慰謝料請求の交渉が非常にスムーズになります。交渉が難しい場合には弁護士に依頼して代理交渉してもらいましょう。離婚と慰謝料は切っても切り離せない関係です。今後のためにも可能な限り慰謝料を多く請求しましょう。